BLOG

「後悔は自分が自分に下した判決である」

「後悔は自分が自分に下した判決である」

(メナンドロス BC342頃〜BC292頃 ギリシャの喜劇作家)

 

 

過去を後悔することほど、もったいないことはないかもしれません。

上手くいかなかった出来事に、ネガティブに囚われることは、まさに、自分自身で自分に烙印を押して、限界を創ってしまうことになる可能性が高くなります。

 

上手くいかなかったことは、上手くいったこと以上に、学べることがたくさんあります。

その宝の山を、ネガティブに捉えてしまっては、上手くいったことを、何度も経験する以上に、進化のために得られるものを、見逃してしまうことになります。

そもそも、起こってしまった、過去になってしまった出来事、現象は、どうにも変えようがありません。

変えられないものを、どう捉えるかだけの問題です。

 

また、上手くいかなかったことで、失うものもあります。

逆に考えれば、上手くいったことでも、失うものはあるものです。

気づいていない部分も含めれば、どちらも、同じような影響を与えているのです。

 

今の自然界の中の人間界を見ても、人間界の中では上手くいったことでも、自然界全体で見れば、人間界が得たもの以上に、自然界に犠牲を強いていることは、いくらでもあります。

人間にとって便利になると、自然環境にとっては悪影響を及ぼします。

地球温暖化問題などはその一端です。

ひとつの結果、現象を、あなたにとっては上手くいったことでも、他の誰かにとっては、上手くいかなかった結果と、なっていることも多いものです。

 

失ったものを補うにも、償っていくにも、より良い方向を目指して、前に進んでいくしかありません。

だからチャレンジし続けていくこと、前に進んでいくことが大切なのです。

前に進めなくなる捉え方をすることや、終わりのない世界で、判決を下すように、結論づけて、終わりにしてしまうことは、とてももったいないことです。

 

後悔のネガティブな結論付けで、あなたの素晴らしい才能に、制約を設けないでください。

上手くいったことでも、手段などに囚われ、限定してしまって、可能性を狭めていくことはやめましょう。

 

目指す到達点は一点に絞り込むことが必要ですが、そこに到達できる道は限定しないことが大切です。

ここを間違えないでください。

 

到達点はお客様や上司が決めます。

しかし、そこに到達するための道は十人十色なのです。

 

自分に与えられた自由に対し、自分の才能を、自分の想いを、フル活用してください。

 

私は後悔はあまりしませんが、反省はよくしています。

あんな一言を言わなければよかったとか、もっとこうしておけばよかったとか。

完全ではない人間は反省をして成長していくのだと思います。

反省の本質は自己革新です。

 

今日も、よりみんなの役に立つために、自分の能力や考えをより良いものにしていくために行動していきましょう。

 

 

==================================================

あなたの仕事を支えるビジネスパートナー

 「縁の下の力持ち」そう言われることが私たちの誇りです。

    株式会社 テスコ

          方喰 理将

E-mail: m.katabami@tesco-exp.co.jp

470-1141 愛知県豊明市阿野町惣作25番地の1

TEL 0562-74-1941 FAX 0562-74-1942

URLhttps://www.tesco-exp.co.jp

==================================================

 

削減事例

Gマーク安全認定

Gマーク安全認定

グリーン経営認証
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

投稿一覧

2020年の投稿一覧はコチラ

2019年の投稿一覧はコチラ

ページ上部へ戻る