BLOG

「初心忘るべからず」

「初心忘るべからず」

(世阿弥 1363頃〜1443頃 室町初期の能役者 能作者)

 

 

誰もが知っているこの言葉だと思います。

現代では、「物事に慣れると慢心してしまいがちだが、最初のころの志を忘れてはいけない」という意味でつかわれることが一般的です。

しかし、世阿弥の言葉はもっと深く、繊細な意味があるのです。

 

実はこの言葉は、芸の極意をまとめた『風姿花伝』の『花鏡』にあります。

『花鏡』には、3つの初心について記されています。

 

「是非初心忘るべからず」

若い頃の未熟な芸を忘れてしまっては今後の上達は無い。

常に初心を忘れずに失敗を糧にしていく必要がある。

「時々の初心忘るべからず」

その場しのぎで身につけた技術は何も残らない。

若い頃から晩年に至るまで身につけた芸それぞれの初心を忘れずに入れば、そのうち芸に味が出てくる。

「老後の初心忘るべからず」

年を取ったからといって「もういい」という事はない。

高齢になってからも初めて出会う物事には初心を持って乗り越えなければならない。

 

「初心忘れるべからず」に共通する意味は、「いつ何時も初心を忘れることなく、チャレンジ精神を持って物事に取り組もう」という心構えです。

これこそが本来の意味になります。

 

初心とはいのちから湧き上がった欲求です。

こうなりたいと強く思ったことです。

人間はなりたい人間にしかなることはできないのです。

しかし、どの道を選んでも、問題がたくさん出てきます。

問題に向き合っているうちに、初心を忘れてしまうのです。

 

「初心を忘れてしまう=なりたい自分を忘れている」ということです。

これでは、なりたい自分にはいつまでたってもなれません。

始めたばかりの初々しい気持ちは、正に世阿弥の言う「初心」だと思います。

 

今日も初心に返って、真剣に仕事をしていきましょう。

 

 

==================================================

あなたの仕事を支えるビジネスパートナー

  「縁の下の力持ち」そう言われることが私たちの誇りです。

       株式会社 テスコ

             方喰 理将

      E-mail: m.katabami@tesco-exp.co.jp

470-1141 愛知県豊明市阿野町惣作25番地の1

    TEL 0562-74-1941 FAX 0562-74-1942

    URLwww.tesco-exp.co.jp

==================================================

 

削減事例

Gマーク安全認定

Gマーク安全認定

グリーン経営認証
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

投稿一覧

2020年の投稿一覧はコチラ

2019年の投稿一覧はコチラ

ページ上部へ戻る